設計業務〜発注業務〜施工業務サイクルの積算業務を効率的に支援し、

            図面などの電子データ納品を見据えた工種別数量算出システム


工種別数量算出システム Steps VolumeOne概要

図面読込み機能

土工区分線・工種別数量の自動発生

重心補正機能

図面データの発注者指定形式に自動変換



Steps Volume One のバージョンアップ履歴

Steps Volume One のラインアップ

豊富なオプション


体験版フリーダウンロード

 

Steps VolumeOne概要
工種別数量算出システムSteps Volume Oneは、CAD 製図基準に準拠したレイヤーに基 づくDXF 又はDWG ファイルを取り込み、土工区分に基づく区分線の自動・手動による 発生を行い、工種別数量を自動・手動で算出します。線形計算機能により重心距離を 算出し距離補正による計算が可能です。算出された数量データによる集計計算表の出 力・EXCEL 等との連動による活用が可能です。さらに、土工図・距離補正根拠図・マ スカーブ図までの作成を行います。設計システムに特化する事無く、納品成果を有効 活用する事が出来ます。また、測量データのオーバーレイ機能により設計変更・出来 高管理まで対応することが可能です。設計業務〜発注業務〜施工業務におけるサイク ルの積算業務を効率化的に支援します。

成果としての横断図は、単なる絵柄のデータに過ぎません。 Steps Volume One に取 り込まれた横断図は測点毎のデータに分解され、更に線形計算の結果と関連図けるこ とが出来ます。これにより、あたかも専用システムでの処理と同様に、連動性を持っ た処理が可能となります。単なるCADデータが再活用できる事により、さまざまな効 果が期待でき、まさにCALSの目的に合った新発想のアプリケーションです。

 

図面読込み機能
特記仕様書で規定されたCAD作図レイヤで作図された計画横断図のDXF、DWGファイルを読み込みます。

 

土工区分線・工種別数量の自動発生
土工区分設定により、計画横断図から土工区分線を自動で発生します。
土工区分線は、手動でも作成できます。

また、作成された土工区分線から工種別数量を自動で発生させることが可能で す。
工種別数量は、手動でも作成できます。
土工区分線・工種別数量の自動発生


 

重心補正機能
線形計算機能により重心距離を算出し距離補正による計算が可能です。

 

図面データの発注者指定形式に自動変換
現況データの登録方法を多数用意しました。現況SIMAの取り込みは勿論、離散点やメッシュ点からの推定横断の抽出や、現況横断のDXF図面からの数値取り込み、縦横断野帳計算など、状況にあわせてご利用できます。

 
Steps Volume Oneのバージョンアップ履歴はこちらをご覧ください。
Steps Volume One のラインアップ

  • Steps Volume One 基本システム

  • DXF/DWGの読み込み・レイヤー設定・区分線追加機能プラニメーター機能 自動数量算出機能・各工種の図心算出機能 着前測量データを設計データにオーバーレイし比較検討が可能 数量表自動作成機能・集計表作成及び出力・土工図出力 各種ファイル出力(DXF/DWG/CSV/その他)

  • Steps Volume One 線形オプション

  • IP法・方押し法による線形計算機能(RAPS準拠) 各種作画データ作成機能(線形図・左右重心補正図) 各工種の図心による重心距離補正機能・各種データコンバート機能(CSV・SIMA)

  • Steps Volume One マスカーブ作成オプション

  • 運土方法・縦断流用を考慮したマスカーブを作成します。

  • Steps Volume One L追い旗上げオプション

  • 紹介ページをご覧ください。