常に進化し続ける任意形状縦横断設計システム。CALS/Network対応として、更に進化します。

任意形状縦横断設計システム アドオン機能

高速ペーパーロケーション

リアルタイム処理

豊富なシミュレーション機能

豊富な現況処理

ネットワーク共同作業対応

CALSへの対応

ファイリングツール

CADランチャー

Volume Oneへの対応


パージョンアップ情報

RAPS Steps Edition のラインアップ

 

アドオン機能
RAPS Steps Editionと関連するプログラムをインストールすることにより、まるでRAPS Steps Editionの一機能のように扱 うことができます。

 

高速ペーパーロケーション
3次元化された地形モデル(等高線モデル)から、現況縦横断データを瞬時に生成する事ができます。線形検討を何度も行 う時に威力を発揮します。

 

リアルタイム処理
設計条件(標準断面、縦断計画、横断計画等)を変更するとリアルタイムで各断面が連動して型入れされます。勿論、作図 や数量も連動して更新されます。

 

豊富なシミュレーション機能
設計を行う時は、何度も検討を重ねてより良い納まりを目指すものです。RAPS Steps Editionでは、様々なシミュレーショ ン機能を装備しています。欲しいときに欲しい情報を取り出すことができます。

 

豊富な現況処理
現況データの登録方法を多数用意しました。現況SIMAの取り込みは勿論、離散点やメッシュ点からの推定横断の抽出や、現 況横断のDXF図面からの数値取り込み、縦横断野帳計算など、状況にあわせてご利用できます。

 

ネットワーク共同作業対応
ネットワーク経由での現況・計画横断処理が可能になりました。より一層の作業の効率化が図れます。

 

CALSへの対応
電子納品要領(案)・CAD製図基準(案)で提唱されているフォルダ構造・ファイル名を自動で生成することが可能です。

 

ファイリングツール
デジタルファイリングシステム:C@LS Filing 2001を起動することができます。

 

CADランチャー
RAPS Steps Editionから起動するCADを自由に選択することができます。お客様が普段お使いのCADで作図データを編集する ことが可能になりました。

 

Volume Oneへの対応
CAD製図基準(案)のレイヤ構造で作図データを出力することができます。 このファイルをVolume Oneで読み込むことで、 その後の作業が大幅に短縮されます。

 

RAPS Steps Edition のラインアップ

  • RAPS Steps Edition 基本システム

  • 任意形状縦横断・平面計画・現況縦横断・計画縦横断・各種数量・各種作図・セパレート処理・国土交通省対応

  • RAPS Steps Editionのオプション

  • ペーパーロケーション・擁壁側面展開図・小構造物・3Dモデラー
    等高線自動発生・走向シュミレーション
    道路公団対応(縦断図・マスカーブ図・数量計算書等)